夜の一人ドライブが大好きな理由

 夜の一人ドライブが大好きな理由

たまに夜のドライブに出掛けたくなることがありませんか?

嫁や彼女とケンカした、、とか、仕事が忙し過ぎてユックリ出来ないとか。

大好きな車との時間をもっと持ちたいとか。

知らない土地をグルグル周ってみたいとか。

田舎の星空をボォーーーーーっと眺めていたいとか。

夜景を見て落ち着きたいとか。

渋滞無しの道路をユックリ走りたいとか、深夜の高速を飛ばしたいとか、、

理由は人それぞれだと思うのです。

僕は、とにかく一人になりたい!が一番の理由です。

家族が嫌いとかそういうことでは無いです。

とにかく一人になって時間を好きに使いたい。

ただそれだけの理由で、カメラを持って夜のドライブに行くことが多い。

深夜の一人ドライブが大好きな理由

  • カラオケ天国
  • スイスイ渋滞無し
  • 知らない土地
  • 星空や夜景がめっちゃキレイ
  • 一人の時間

カラオケ天国

カラオケ天国とは文字通りで、普段カラオケなどには全く行きませんし、喉が痛くなるので遠慮したいです。

ですが、車に乗ればスマホをカーナビに繋いで、大好きな音楽をガンガン聞く。

で、やっぱりそのままカラオケになっちゃいますよね?

だって周りは暗くて車の中まで見えないし、恥ずかしいことも無いので僕は大声で歌います(笑)

もちろん恥ずかしいので窓は閉めてますし、喉が痛くなるのでいつでも飲めるコーヒーを箱買いして車に載せてます。

深夜のドライブだけでもストレス発散なのに、ついでに歌って声を腹の底から出すことで、体の中の悪玉菌まで放出している感覚になります。

オススメ度マックスのドライブです。

渋滞無しのスイスイドライブ

渋滞知らず

夜のドライブの何が良いって、渋滞が無いんですよ。

当たり前ですが、都内だってかなりスイスイと進むことが出来る。

仕事で朝から都内に行くことが多い(車で)のですが、朝の渋滞は本当に大変です。

眠くなる、いつになったら到着するのかわからない。

ストレスが溜まる一方ですが、夜は快適なドライブになります。

高速道路がまるで自分の為の道路に、変身しちゃったのかと勘違いすることもあるぐらい空いてます。

また田舎の畑を挟んだ田舎道も暗くてちょっと怖いんですが、のんびりドライブには丁度良いです。

知らない土地の夜の顔

知らない土地と言うか、住んでいるわけでは無いだけの土地であっても、夜に伺うとまた違った風景になっているんですよ。

へーーこの場所からこんな景色が見れるんだ?とか、昼間は汚らしいのに夜になると宝石箱のような工場地帯もある。

あれ?こんな場所に鳥居があったんだ?とかライトアップらしき物が見えたりと、、、

カメラも好きなので、工場夜景などを撮りに行くことがあるのですが、本当にきれいなんです。

いつまでもボォーーーっと見ていられるそんな雰囲気です。

星空や夜景をボーッと

星空を見上げるドライブ

深夜ドライブの楽しみ方の一つに、田舎の真っ暗闇で見える星空。

無数ですよ無数、本当にすごい数の星が見えるんです。

星ってこんなにあるんだと、初めて見た時に思いました。

首がちょっと痛くなることもあるんですが、ずっと上を見上げていることが多いです。

上の天の川の写真も深夜ドライブのついでに撮影した星景写真。

暖かくなれば、そのまま朝を迎えることもチラホラありますよ。

カメラのホワイトバランスをオートにしておくと、「あっ、朝になったー」ってわかるんです。

何故なら星が写らなくなって、暗い色の空が青色に変化するからです。

一人の時間

車で一人の時間

夜の一人ドライブの最大の良いところは、一人の時間が作れると言うこと。

人間が嫌いなわけでは無いのですが、どうしても一人の時間が必要な人にはとても有意義な時間になると思うのです。

忙してユックリ考え事が出来なかったりして、イライラするぐらいなら僕は平日にだって行きます。

ほんの少しだけ1時間でも良いので、夜フラッと車でお出かけするだけで意外とサッパリしちゃうのです。

そんな時は一番近い大きな公園などに行く事が多いです。

満月の夜であればかなり明るいし、昼間とは違った風景を見ているだけで穏やかになれますよー。

趣味の幅が広がる一人ドライブ

ドライブと言いながら、趣味のカメラ撮影も同時にこなせると時間を有意義に使える。

カメラ、車中泊、折り畳み自転車など、車が僕のユルイ趣味の幅を広げてくれるのです。

一人であれば他人様に迷惑を掛けなければ、誰にも文句は言われない。

深夜の一人ドライブの持ち物

僕の場合であれば以下の通り

  • Apple WatchのSuicaにお金をチャージしておく。
  • カードのnanacoにお金をチャージしておく。
  • お財布には必要なものだけ、免許、保険証、お金少し。
  • スマホ(音楽と地図のため)
  • 各種充電器など
  • カメラと三脚
  • イス(車に常備)
  • 長靴(車に常備)

と身軽なのですが、仮眠したい時に困るので厚手の服などを持参。

人によって拘ることもあるかと思うので、この部分は僕の場合でのみ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です