エブリイバン 6ミリのネジ穴をタップで彫る

エブリイバンの車内には数カ所、6ミリのネジが入るようにネジが掘られている。

ですが、天井には穴が空いているだけで、ネジ山がないことがわかりました。

そこで今後何かを設置したい時の為にネジ山を作って(彫る)おこうと思いました。

下穴があるのでそのまま6ミリのタップで彫る

6ミリのネジが入るように、6ミリのタップでネジ山を作るのですが、慣れていないとタップが折れてしまいますので注意が必要です。

車内の穴

車の車内にいたるところに穴がある↑

丸いキャップで隠されているのですぐに場所はわかるはず。

エブリイの天井にもかなりの数があるが、穴があるだけでネジ山は無いです。

6ミリのタップを用意する

正式名称はわからないが、タップという工具らしい。

タップ

上の画像は6ミリタップ、インパクトドライバーで使う時の工具。

ホームセンターで販売されているので、すぐに見つかるはず。

インパクトドライバーなどで使う場合と、手回しで使う場合で2種類あるようなので購入時はどちらで使うかを決めておこう。

上の画像は手回しで使うときの道具。

インパクトで使う場合、負荷が大きくなるので折れやすくなり注意です。

一度、3ミリほどの厚みのある鉄板で、練習してからの方が良いと思われる。

またタップの滑りを良くする為に、市販の潤滑スプレーCRC5-56をタップ本体に、スプレーしました。

実際に穴にネジ山を作る

内張外しを使って丸い物体を外すと、鉄板に穴が空いているのでそのままタップを立てればOK。

穴自体が、6ミリのタップを彫るのに適した下穴のようで、キリで穴を広げたりはしなかった。

ゆっくりジックリとタップを廻して(時計回りでネジ山を切る)反時計回りで引き抜く(ゆっくりと)

6ミリのネジを当てて手回しで入るようなら完成。

インパクトの場合はめっちゃゆっくり回転させながら超ゆっくり、真っ直ぐに。。。

手で廻してネジが入るようなら成功、入らなかったらネジ山が出来ていない。

またタップを斜めにするとネジも斜めに入るので注意。

車内全ての穴にタップを彫ったので今後DIYで何かを取り付けたい場合、この穴を利用する予定。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です